【公図、地積測量図、建物図面のみかた】

法務局に、地図[公図]、土地登記簿、建物登記簿、地積測量図、建物図面[各階平面図]共同担保目録などが、備え付けてあります。

備え付けの申請書に必要事項を記入して手数料相当額の、登記印紙(法務局の窓口で売っています)を貼って申請すると、これらの登記簿、図面などの閲覧や、登記簿謄本の請求、地図[公図]、地積測量図、建物図面[各階平面図]の認証を受けたり、コピ−をとることができます。
閲覧や謄本請求など申請目的によって、申請書や、手数料が異なりますので注意しましょう。





【公図とは?】

登記所に備え付けられていた旧土地台帳法所定の土地台帳附属地図を、不動産登記法17条の「地図に準ずる図面」として利用し、公図と呼んでいます。

公図の精度については、一般的には、土地の位置および区画を現地に特定する、現地復元能力は、低いとされています。

しかし、境界が直線であるか、あるいは土地がどのように位置しているかなど、定性的な面では、比較的正確で、唯一の資料です。

距離、角度、面積など、定量的な面では、精度が低いとされています。





では【14条地図】とは?

各筆の土地の位置及び形状を明確にした地図であり登記所において法第14条に規定する地図として備え付けられたものをいいます。

土地ついては、土地登記簿によってその地積、地目が明確にされ、地番が付されている。しかし、その登記簿によって表された土地が、現地のどの土地を表示し、どういう広がりと形状をもった土地であるかは、登記簿上の記載そのものからは明らかではありません。そこで、法第14条は、登記所に地図を備えるべきものとしています。

法第14条の地図がこのような現地指示能力、ないし現地復元能力を持つためには、まず測量が国家三角点等に基づいて行われ、次に、各筆の筆界点の位置を求めるための基準点が現地にあって、地図上にも表示され、筆界点が図根点からの距離と方向によって、一定の精度で現地に復現できることが必要です。

このことから法第14条の地図は、1筆又は数筆の土地ごとに作製し、各筆の土地の区画及び地番を明確にするものでなければならず、地番区域またはその適ぎの一部ごとに、正確な測量及び調査に基づいて作製することとしています。縮尺は原則として500分の1により作製されます。

そして 法14条地図には以下の事項を表示しています。

@地番区域の名称
A地図の番号
B方位
C縮尺
D平面直角座標系の番号または記号
E図郭線及びその座標値
F地番
G基本三角点及び図根点の位置
H精度区分
I隣図との関係
J作製年月日
以上を掲げた用件を備えた地図については、以後、法14条地図として取りあつかわれます。





【地積測量図の見方】



 
以下のことを確認しながら調査してください。
@地番測量をした土地の地番です。
但し分筆の地積測量図については元の地番を書いてある場合と書いてない場合があります。
A土地の所在測量地の所在が書いてあります。
B方位矢印の先端が北を示します。
C測量図測量をした土地の図面です。辺長の単位はメ−トルです。
作製者によりセンチメ−トル、またはミリメ−トルのどちらかで表してあります。
作成年月日により(主に昭和44年以前)単位が間で表されています。
1間は約1.82メ−トルです。参考にしてください。
D境界標の凡例現地に埋設してある境界標を説明してあります。
E縮尺地積測量図のの縮尺が書いてあります。
F求積表 面積の計算方法を表にしてあります。
面積の計算方法には三斜法や、座標法などがあります。
分筆した元の地番の面積は、登記簿の面積から分筆した部分の面積を差し引いていることが多く実際の面積と差があることがあります。
測量の目的や技術が今と違うため、登記簿の面積より現地の面積が多いことを、縄延び(逆の場合は縄縮み)といいます。
G申請人登記申請した人の名前が書いてあります。
H作製者図面を作製した人の名前と事務所の所在地
I作製年月日図面を作製した日





【建物図面ならびに各階平面図の見方】



 
以下のことを確認しながら調査してください。
@ 家屋番号登記所で定めた建物の番号です。
近年の登記に関しては建物の所在を基にして付されます。
A建物の所在建物が乗っている地番を書いてあります。
庭や車庫部分の土地の地番は建物がかかっていなければ所在の地番としては含みません。
B方位矢印の先端が北を示します。
C建物の配置敷地と建物の位置関係を表します。
位置の特定のため隣地の地番を書いてあります。
D建物図面の縮尺建物の配置図の縮尺を書いてあります。
E各階平面図各階の形状、主たる建物と附属建物の別、階別及び床面積を書いてあります。
F各階平面図の縮尺各階平面図の縮尺を表記してます。
G申請人登記申請した人の名前が書いてあります。
H作製者図面を作製した人の名前と事務所の所在地
I作製年月日図面を作製した日

home